読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんれのラボ

iOS、Android、Adobe系ソフトの自動化スクリプトのことを書き連ねています。

プリセットを使用してレイヤーごとにPDFを書き出す

[Illustrator][AppleScript]レイヤーごとにJPEGを書き出すのPDF版も書いてみた。

<仕様>

●Illustratorに登録されているPDFプリセットを選択して、そのプリセットでPDFを書き出す

 (基本AdobeCSシリーズ共有のプリセットが使用できるけど、InDesignとはPDFの書き出し設定が違うので要注意)

●どのPDFにも必要なオブジェクトは表示レイヤーに入れてある

●レイヤーごとに必要なオブジェクトが格納されている

●レイヤーの表示のオン/オフで書き出すPDFを決める

●PDFの名前はレイヤー名から取得

●エラー処理はすっとばす

デモ動画はそのうち。

tell application "Adobe Illustrator"

set pPdfPresets to PDF presets

tell application "Finder"

set choosePreset to choose from list pPdfPresets OK button name "PDF書き出し" with title "プリセットを選択してください"

copy the result as list to {the pPdfPresets}

set PDFpreset to pPdfPresets as Unicode text

end tell

activate

tell document 1

--保存場所を決める

set filePath to choose folder with prompt "保存するフォルダを選択してください" as string

--ここからIllustratorの処理

tell application "Adobe Illustrator"

activate

set myDoc to document 1

tell myDoc

--非表示レイヤーをリスト化して変数へ

set visibleFalseLayer_list to every layer whose visible is false

end tell

--非表示レイヤーの数だけ繰り返す

repeat with a from 1 to count of visibleFalseLayer_list

tell myDoc

set currentLayer to item a of visibleFalseLayer_list --処理用に代入

set visible of currentLayer to true --レイヤーを表示状態に

set myLayerName to name of currentLayer

set newFilePath to filePath & myLayerName & ".jpg" as string --保存ファイル名を代入

end tell

--PDFで別名で保存

save myDoc in file newFilePath as pdf with options {class:PDF save options, PDF preset:PDFpreset}

tell myDoc

set visible of currentLayer to false --再度非表示にする

end tell

end repeat

tell myDoc

close saving no

end tell

end tell

activate

display dialog ((count of visibleFalseLayer_list) as string) & "ファイル書き出しました"

end tell

end tell

ダウンロードできるようにしました。

プリセットを使用してレイヤーごとにPDFを書き出す