読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんれのラボ

iOS、Android、Adobe系ソフトの自動化スクリプトのことを書き連ねています。

EPS保存する for CS4

Illustrator CS4のファイルをEPS保存するAppleScript。

<仕様>

●EPS保存します(元のファイル名のまま上書きされます)

●透明効果のプリセット等は制御できないから(予約語がないみたい)のでシカト

●マルチアートボードをTrueにしてるのでファイルが2つできます

 例)鮎さん.eps → 鮎さん.eps+鮎さん-01.eps

 これはIllustrator CS4の仕様なので制御できないっぽい

 AppleScriptからFinderに命令して削除するとかすればいいかも

 なんとかしてよ、Adobeさん…

●保存されたEPSを取り込むとドキュメントサイズで読み込まれるので更新すると悲惨な目にあう

 再度このAppleScriptをかけるとバウンディングボックスのサイズで読み込める

 なんとかしてよ、Adobeさん…

on open thisList

tell application "Adobe Illustrator"

set user interaction level to never interact

repeat with thisFile in thisList --ファイル数分繰り返す

set pathStr to thisFile as Unicode text --フルパスを取得できる

activate

open thisFile --1つずつ開く

tell document 1

--EPS保存する

save in file pathStr as eps with options {class:EPS save options, ¬

compatibility:Illustrator 14, ¬

save multiple artboards:true, ¬

preview:color Macintosh, ¬

embed linked files:true, ¬

include document thumbnails:true, ¬

embed all fonts:true, ¬

CMYK PostScript:false, ¬

PostScript:level 3, ¬

overprint:preserve}

close saving no --保存しないで閉じる

end tell

end repeat

set user interaction level to interact with all

end tell

activate

display dialog ((count thisList) as text) & ¬

"ファイル処理しました" buttons {"OK"} default button "OK"

end open