読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんれのラボ

iOS、Android、Adobe系ソフトの自動化スクリプトのことを書き連ねています。

任意のフォルダにEPS保存する

InDesignでJavaScript その20。

********更新H23.04.25********

いろいろ間違ってたから修正。

●ドブ3mm付き

●単ページ書き出し

●ポストスクリプトレベルは3

●カラーは変更なし

●プレビューはTIFF

●埋め込みフォントはサブセット

●データ形式はバイナリ

●透明分割は高解像度

********************

alert("フォント不足、画像のリンク切れor更新もれがあった際は処理を終了します") ;

try {

//フォルダを選択

var folderObj = Folder.selectDialog("EPSにしたいInDesignファイルのあるフォルダを選択してください") ;

//保存先を選択

var saveObj = Folder.selectDialog("保存先のフォルダを選択してください") ;

var saveObj = saveObj + "/" ; //末尾に区切りのスラッシュが抜けているので足しておく

//inddファイルを配列化(小文字・大文字無視)

var fileListINDD = folderObj.getFiles("*.indd") ;

//ファイル数分繰り返す

for (i = 0; i < fileListINDD.length ; i++) {

//ファイルを開く

app.open(fileListINDD[i]) ;

//EPS書き出しのオプション群

with (app.epsExportPreferences) {

//見開き

epsSpreads = false ;

//データフォーマット

dataFormat = DataFormat.BINARY ; //バイナリ

//カラー

epsColor = EPSColorSpace.UNCHANGED_COLOR_SPACE ; // 色変更なし

//PostScriptLevel

postScriptLevel = PostScriptLevels.LEVEL_3 ; //PostScriptLevel3

//PostScriptLevel

preview = PreviewTypes.tiffPreview ; //TIFFプレビュー

//ブリード

bleedBottom = "3mm" ; //地

bleedInside = "3mm" ; //のど

bleedOutside = "3mm" ; //小口

bleedTop = "3mm" ; //天

//透明分割

//appliedFlattenerPreset=app.flattenerPresets.itemByID(130) //高解像度

appliedFlattenerPreset="[高解像度]"

//ページ指定

pageRange = PageRange.ALL_PAGES //全ページ

//スプレッドオーバーライドを無視

ignoreSpreadOverrides=true;

}

//作業するドキュメントなどを変数に代入

var docObj = app.activeDocument;

//ドキュメント名を取得

var fdName = docObj.name ;

var fsArray = fdName.split(".") ;

var inddName = fsArray[0] ; //ドキュメント名取得できた

//ファイルの場所を確定

var saveEPSName2 = new File(saveObj+ inddName + ".eps") ;

//EPS保存

docObj.exportFile(ExportFormat.epsType, saveEPSName2, false)

//ドキュメントを閉じる

app.activeDocument.close() ;

}

}catch(e) {

alert(e+"\n処理を中止します") ;

exit() ;

}

alert(fileListINDD.length+"ファイルを処理しました")