読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごんれのラボ

iOS、Android、Adobe系ソフトの自動化スクリプトのことを書き連ねています。

InDesignでJavaScript その16

InDesignでJavaScript その16。

上司に頼まれて適当に書いたJavaScript。

すべての四角形を角Rにする。

それだけ。

角Rの数値指定がポイントのようなので、冒頭でミリをポイント換算してみた。

//すべての画像フレームを角丸に

//ポイント換算しないとダメみたい

var kadoR = 3 ;

var kadoRpoint = kadoR * 2.834666666667

kadomaru();

//ここから本命スクリプト

function kadomaru() {

//作業するドキュメントなどを変数に代入

var docObj = app.activeDocument;

for (i = 0 ; i

var myPage = docObj.pages[i] ;

for (i=0; i

//pページのページアイテムを選択していく

myPage.pageItems[i].select(SelectionOptions.addTo);

}

//選択しているページアイテムを変数に格納

selObj = app.activeDocument.selection;

//選択しているページアイテム分繰り返す

for (s=0; s

switch (selObj[s].constructor.name) {

case "Rectangle" :

//角丸に

selObj[s].cornerEffect = CornerEffects.roundedCorner ;

selObj[s].cornerRadius = kadoRpoint ;

//選択を外す

selObj[s].select(SelectionOptions.removeFrom);

break ;

}

}

}

}